記事一覧

不登校新聞編集長 石井志昂氏講演会 当事者が救われたまわりの対応は?

【とき】20183月11() 13:30-15:30

【ところ】浦安市民プラザWAVE101

市民練習室(JR新浦安駅徒歩5分、

                    千葉県浦安市入船1-4-1 イオン新浦安店4階)
                    http://www.urayasu-kousha.or.jp/wave101/
【内容】
不登校の子どもたちに、親として、支援者として、できることはなんでしょうか。今回は、日本で唯一の不登校専門誌である不登校新聞の石井志昴編集長を講師にお招きします。数多くの当事者や支援者の取材から得た内容、石井氏ご自身の当事者としての経験もお聞きし「当事者が救われたまわりの対応」について、一緒に考えましょう。

講師:石井志昴(いしいしこう)さん プロフィール

1982年、東京都町田市出身。中学校受験を機に学校生活があわなくなり、教員や校則、いじめなどを理由に中学2年生から不登校。同年、フリースクール「東京シューレ」へ入会。19歳からNPO法人全国不登校新聞社が発行する『不登校新聞』のスタッフとなり、2006年から編集長。これまで、不登校の子どもや若者、識者など400人以上に取材してきた。

不登校新聞とは

「当事者の声に寄り添う」をモットーに、日本で唯一の不登校・ひきこもり専門紙として、98年に創刊。以来1000名を超える不登校・ひきこもり当事者経験者の声を掲載している。不登校に関わる情報発信を通じて、広く子どもに関わる問題や、子どもの権利について、また、ひきこもりや社会のあり方について考えていきます。   http://www.futoko.org/about/


【参加費】500円(おつりがないようお願いします)

【持ち物】スリッパ

【申込方法】先着40名・事前申込優先

naranja.bao@gmail.com Baobab事務局 あてに

   お名前 ②ご連絡先電話番号 をお知らせください

【主催】Baobab

浦安を中心に、不登校にかかわる情報発信、親同士の交流、学びをサポ―トしている団体です

Baobab事務局)naranja.bao@gmail.com  代表 吉崎

Baobabブログ)http://naranjabao.blog.fc2.com/

Baobab Facebookページ)https://www.facebook.com/baobab.urayasu/

【後援】浦安市教育委員会



スポンサーサイト